会津塗工芸 江戸二段弁当 ひさご


 

会津塗弁当

|江戸式の栓の木の2段弁当箱

会津塗の技術を生かしたウレタン塗装によるお手入れの楽な

2段式の江戸タイプのお弁当箱です。

ご主人様やお父様の父の日、お誕生日などにプレゼントに如何でしょうか?

日本の弁当文化は平安時代にまで遡りますが、

安土桃山時代に漆器の弁当箱が作られました。

江戸時代になると花見や観劇などに裕福な商人たちが弁当に工夫を凝らして

楽しみました。

江戸時代に日本の弁当文化は行楽弁当として大飛躍をしましたが、

この商品も日々のランチの時間を御楽しみ時間に変えてくれます。

容量も充分で、

惣菜を入れる上段は仕切りで区切られていますので、

おかずの種類もたっぷり入ります。

 

蓋にはヒョウタン(ひさご)の絵柄が施されています。

色は黒と根来塗りの赤茶の2色からお選びいただけます。

会津塗弁当

 

 

会津塗弁当

根来

本商品は会津塗職人の指導のもと中国の提携工場で生産されています。
非常にお値打ちの価格となっています。


 

会津塗工芸 江戸2段弁当 ひさご

|価格:  4,300円(税抜き)

|塗り:  ウレタン塗

|色: 黒 根来

|サイズ: 17×11×9cm

|素材: 木粉合成

|生産: 中国

|梱包: 化粧箱

bt_cart