会津塗工芸 陶胎焼酎カップ根来 


 

会津陶胎 焼酎カップ

|会津陶胎漆器の焼酎カップ

会津塗工芸のロクロ模様の陶胎焼酎カップです。

陶胎漆器(とうたいしっき)とは陶器に漆塗りを施した漆器を言います。

通常は木の原型に漆を塗り重ねますが、これらは木胎と言われています。

本品の外側の装飾は根来塗りを施しています。

 

根来塗(ねごろぬり)とは

和歌山県の当時大寺院であった根来寺で

13世紀に僧侶たちが使う日常食器の制作で編み出された漆芸の一つです。

下塗に黒漆を何度も重ねて朱漆で上塗りをします。

最後に研ぎをいれて朱色の下から黒色を浮かび上がらせる手法です。

全体的には朱色に見えますが下から黒が見え隠れしていい色調になります

この技法でこの商品ではロクロ目を入れ朱色の縞模様を浮かび上がらせています。

 

焼酎をお湯割りや水割りで嗜むことが大好きな男性に非常に喜ばれる

焼酎カップです。

父の日や還暦のお祝い、お誕生日のお祝い、敬老の日のお祝いの贈り物に

相応しい会津塗の陶胎漆器です。

勿論、焼酎好きのお母さんにも喜ばれます。

 

*商品は会津塗の職人の指導のもと、中国で生産されてるため
非常にリーズナブルな価格になっています。


|会津塗工芸  陶胎焼酎 根来塗

|価格:  2,500円(税別)(1個)

|塗り:  漆

|サイズ: (カップ)9×11cm

|素材: 陶器  

|生産: 中国

|梱包: 化粧箱

bt_cart